個人事業主向け!金融ブラックでも安心!クレカ付帯以外のETCカード

仕事で高速道路を利用するときETCカードがないと不便ですよね?

仕事以外でも家族との旅行など、使う機会はたくさんあります。しかし、恥ずかしながら若い頃に金融事故を起こしてしまいクレジットカードが作れない…そんな悩みの方も多いのではないでしょうか?

クレカを作れないのに起業したので不便なことがたくさんあります。早くブラックから解放され社会人として自由になりたいものです。

高速道路で現金払いのレーンでいちいち停止してお金を払うのってストレスだし格好悪いんですよ。

隣のETCレーンの車がノンストップで次々に追い越していくのを見ると、自分もETCカードが欲しい!そう思わずにはいられません。

「クレカがなくてもETCカードって作れないだろうか...」仕事が終わってから調べてみたら、ありました!

早速申込んで、今は快適にETCライフを過ごしてます高速道路でもノンストレスです!みなさんにもクレカがなくても作ることが出来るETCカードを紹介します。

  1. 高速情報協同組合に加入する
  2. ETCパーソナルカード
  3. まとめ

高速情報協同組合に加入する

福岡県北九州市に所在地がある平成5年に設立された中小企業の事業をアシストする事業協同組合です。今現在の組合員数は1万人を超えるほどの大きい組合です。

クレジットカード付帯のETCカードって法人の場合だと審査が厳しいんですよ。自分のような信用も実績もない起業したばかりの人達にはありがたいです。走る曜日や時間帯に合わせておトクな割引もたくさんあります!

ETCコーポレートカード

首都高、阪神高速道路の通行料金が最大20%割引

車1台ごとの1ヶ月の首都・阪神高速道路の利用料金に対して下記の割引があります。

首都高や阪神高速道路を主に利用する方には便利ですね。

注意点

カードには車両番号が登録されているので、1枚のカードを複数の車両で使用することは出来ません。

発行手数料が1枚617円なので複数の車両で使用したい場合は車両台数分のカードが必要です。それに年1回617円の取扱手数料も1枚ずつかかってきます。

法人ETCカード

ETCマイレージ制度を受けることができる

ETCマイレージ制度とは、毎月の支払額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを還元額(無料通行分)と交換できるサービスです。

交換した還元額はETCによる高速道路などの通行料金の支払いに利用できます。ETCマイレージサービスは登録も年会費も無料なので、ぜひ活用したい制度です。

たまったポイントは自動で無料通行分に交換するサービスも利用できるので、面倒な手続きをしなくて済むのでありがたいです。

5,000ポイント→5,000円分に自動交換されます。50,000円分走行すると5,000円の還元は嬉しいかぎり。

  • 車載器搭載の登録車両1台につき最高4枚までカードを発行することができる。
  • 法人ETCカードはどの車でも利用できる。

レンタカーにも使うことができます。コーポレートカードと違い名義に関係なくどの車でも利用できる点がいいです。

手渡しでの利用もできるので、車載者がない車に乗るときも使えてとても便利。自分はこのカードを今現在使用しています。

誰でも使えるので、自分の登録車両で3枚発行し、1枚は自分の車、残りは従業員の車、嫁の車という風に使用しています。

注意点

マイレージ登録の手数料や立替保証など全て組合が手続きをしてくれるので、毎月の走行金額の5%(カードによって8%)を手数料として払わなければいけません。

毎月手数料を支払うのは嫌ですが仕方ありません。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは高速道路6会社が共同で発行する、有料道路の支払いに限定したETCカードです。クレカを持っていない人でもデジポットと言われる保証金を支払うことで担保となり、通行料金を銀行口座から引き落としになります。

デジポットは申込みの時に平均利用月額を申告して、4倍にした額を支払います。低く申告してもカード発行後に実際の利用料金に応じてデジポットは増額されてしまうので、悪あがきはよしましょう(笑)

5,000円単位で切り上げになるので、5,000円未満の場合でも5,000円になります。

うちの場合だと毎月20,000円?25,000円くらいは最低かかるのでデジポットはなんと80,000円!!!個人事業主でこの金額を一気に支払うのは大変です。なので、あまりおススメではありません。

注意点

下記の注意点を守れないときはカードの利用を停止されることがあります。

  • 支払いの済んでいない利用金額の合計がデジポットの80%を超える場合
  • 利用金額の支払いがない場合
  • デジポットの増額に応じない場合

きちんと支払いをしていればカードを停止させられる心配はありません。

まとめ

クレジットカードがなくても作れるETCカードは、高速情報協同組合発行のETCコーポレートカードと法人カード、そしてETCパーソナルカードがありました。

  • ETCコーポレートカードは首都高・阪神高速道路ユーザーの人向け。
  • 法人カードはETCマイレージサービスがありポイントが貯まりお得です。カードはどの車でも利用可能なところも便利です。
  • ETCパーソナルカードは法人ではなく一般の方も作れますが、デジポットがかかるので初期投資が必要になります。

自分は今法人カードを使っていますが、走行金額の手数料を支払うことだけがネックで後は快適に使えています。

540円で新たなカードを発行できる点も助かります。みなさんも自分に合った1枚を見つけてETCカードを作りましょう。