便利なクレジットカードの分割払いとリボ払い!一体どっちがおトクなの?

「あぁ〜新しく出た高性能の一眼レフカメラが欲しい!」、「もうすぐ結婚式があるのにお洒落なワンピースがない!」

…でも手持ちのお金がない…

生活しているとそんな場面に出くわしますよね。物欲を抑えるのってとても大変。お金がなくてもどうしても欲しいのですよ。貯めて買えばいいのだけれど、今すぐほしい!

そんな時便利なのがクレジットカードの「分割払い」と「リボ払い」です。「でもローンってなんか怖い…」「リボ払いと分割払いの違いがわからない…」というあなたのために、分割払いとリボ払いの特徴とどちらがお得なのかを比較してみました。

きちんと理解して利用すればとても便利な支払方法ということがわかりますよ。

  1. 分割払いの特徴
  2. リボ払いの特徴
  3. 実際の支払いの例
  4. まとめ〜どっちがお得?〜

分割払いの特徴

分割払いとは、支払回数が選べる便利な支払方法です。指定した支払回数で均等に分割して支払うので、自分のペースで計画的に支払うことができます。大きな買い物をする場合など便利ですよ。

支払回数が選べる

会社により違いますが3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回が一般的です。なんとイオンカードは最長60回まで選べます!支払回数でいうと5年です。気が遠くなりますね…

その他に、「ボーナス払い」もあります。ボーナス払いは最長で半年以上も支払いを先延ばしにできるので、大きな買い物をする時に「今は余裕がないけどボーナスが出たら支払えます!」という場合に便利です。しかも手数料がかかりません。

簡単に利用できる

カードを提示し回数を指定するだけで利用できます。その都度申込書に記入する必要がないので簡単ですよね。支払いの際にお店の人に希望の支払回数を伝えましょう。

手数料がかかる

とても便利な分割払いですが、手数料がかかるという落とし穴があります。しかしなんと、2回なら手数料がかからないのです!欲しいものを手数料なしで半額ずつ払えるならありがたいです。

では実際に手数料の利率を見てみましょう。

三井住友VISAカードの場合

イオンカードの場合

表を見てわかる通り支払回数が長くなるほど利率も高くなるので、なるべく少ない回数を選択したいです。

リボ払いの特徴

毎月の利用残高に応じて、月々ほぼ一定の金額を支払う方法です。自分で支払う金額を指定できるので、月々の支払いが楽になりますね。

繰り上げ返済ができる

家計に余裕ができたときなどに「増額払い」や「全額払い」ができるので、返済の回数を減らすことができます。

買い物の後からでもリボ払いに変更できる

一括で払うつもりがたくさん買い物をしてしまって一括で支払うのが難しい。そんな時は、買い物の後でもリボ払いに変更できるので安心です。通称「あとからリボ」と言います。

手数料がかかる

こちらも手数料がかかります。分割払いは支払回数によって金利が変わりますが、リボ払いは金利が固定されていることが多いです。実質年率15%のケースが多く、一般的にリボ払いのほうが金利が高いようです。

支払の状況がわかりにくい

支払残高がある限りずっと支払いが続くのでいつ支払いが終わるのかわかりません。新しく買い物をするたびに支払残高が増えるので、支払いが完了する期間が延びてしまいます。

クレジットカードを初めて持った頃リボ払いをよく知らず、「毎月5,000円の支払いで済むんだぁ〜ラッキー!」とたくさん買い物をしてしまったことがあって、気づいた頃にはカード限度額がいっぱいの30万円まで膨れ上がりました。

カードが使えなくなったので他のカードでもリボ払いを利用してしまい、2枚のカードの返済を毎月5,000円づつ支払っていましたが、中々終わらない返済に苦しみました。そしてとうとう両親に泣きついて肩代わりしてもらったのです。

これが若い頃経験した、返済が終わらない「リボ払い地獄」です。消費者生活センターが注意喚起するくらい問題になっているので、正しい知識を身につけることが大事です。

支払いの例

数学が苦手な私でも簡単に計算することができます。実際に分割払いとリボ払いの支払いの例を見てみましょう。

  • カード会社:イオンカード
  • 利用代金:10万円
  • 支払回数:10回

10回の分割払いの場合

(上の表を参考に、100円あたりの手数料5.6円とします。)

月々1万円のリボ払いの場合

(手数料は締切日の利用残高に対する実質年率 15.0%)

(月々10,000円+手数料)×10回=106,570円

支払総額の比較

同じ支払回数にしてみると、リボ払いのほうが、支払総額が970円高いことがわかります。970円って大きな差ですよね。比較してみないとわからないことなので、利用する前にシミュレーションしてみるといいでしょう。

まとめ

金額から見ると分割払いのほうがお得なことがわかります。しかし、高い手数料がかかるので出来れば「一括払い」「2回払い」「ボーナス払い」の金利手数料無料の支払い方法を利用したいです。

「どうしても欲しい高額なものがある!」そんな時だけ「分割払い」で購入することをおススメします。何事も計画性が大事ですね!