初心者マイラーの入門!高還元率でマイルが貯まるクレジットカードはどれ?

わたしは普段飛行機に乗る機会がめったにないのですが、クレカ利用でマイルを貯めている友人がちょっとかっこよくて今年はわたしもマイラーデビューしてみようと目論んでいます…

ということで、初心者でもわかるマイルのことやおすすめの高還元率クレカについて調べてみました!

  1. 今さら聞けない!そもそもマイルって何?
  2. 初心者マイラーが貯めるべきマイルはコレ!
  3. 高還元率でマイルが貯まるおすすめクレカをご紹介!
  4. マイルは航空券と交換するのが基本!
  5. まとめ

今さら聞けない!そもそもマイルって何?

マイルとは

マイルってみんな言っているけど実はよくわかっていない…恥ずかしくて今更聞けないですよね。わたしもそうでした(汗)

簡単に説明すると、「航空会社が顧客に行うポイントサービスのこと」を“マイレージ”と呼んで、このポイントの単位を“マイル”と言います。

たまったマイルはどうやって使うの?

たまったマイルの数に応じて無料で航空券と交換したり、搭乗クラスをアップグレードしたりできます。マイルで交換する航空券のことを“特定航空券”と言います。

どのくらいマイルをためたらタダで飛行機に乗れる?

たまったマイルを特典航空券に交換する場合、乗るシーズンによって必要マイルが変わってきますが、だいたいどのくらいのマイルでどこまでいけるかを例に挙げて紹介しますので目安にしてください。

レギュラーシーズンに乗れば少ないマイルで交換できますし、ハイシーズンだと必要マイルが多くなります。

初心者マイラーが貯めるべきマイルはコレ!

マイルは各航空会社によってプログラムが異なります。どこの航空会社のマイルをためればよいかわからない初心者はとりあえず以下の国内航空会社のマイルがおすすめですので参考にしてください。

  • JALマイレージバンク
  • ANAマイレージクラブ

基本的に主に国内での利用を想定している人であればJALかANAどちらかのマイレージプログラムを選べば問題ないです。この2つのどちらを選べばよいかわからないと言う人は以下を参考に決めると良いでしょう。

よく利用する空港へ利便性の良い航空会社を選ぶ

例えば実家に帰省する際に飛行機に乗る場合などANAしか飛んでいないのであればANAマイレージを選ぶべきです。行くエリアによって航空会社の便が少なかったりするので利用しやすい航空会社を選びましょう。

家族分のマイルをまとめたいのならANAがおすすめ

ANAは家族分のマイルを合算して利用することができます。だから自分以外の家族の分のマイルも合算して効率よく特定航空券に交換したい人はANAがおすすめです。

クレカ利用で無駄がないのはJAL

JALは100円単位でマイルがたまりますが、ANAは1,000円単位でマイルがたまるので少額利用だとマイルを無駄にしてしまう点がANAのデメリットです。クレカ利用でマイルの無駄がないのはJALだといえます。

高還元率でマイルが貯まるおすすめクレカをご紹介!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

年会費1万円がかかるのですが、このカードの魅力はどこの航空会社のマイルでもためることができるということです。

さらにJALやANAの他提携航空会社での航空券やツアー代金の決済でポイントが3倍になるので航空会社が発行している提携クレカより還元率が良いのも魅力。還元率1.5%。

ANA VISA Suicaカード

ANAとSuicaの一体型カード。

Suicaチャージやコンビニなどでの利用でもマイルがたまるのが魅力。年会費初年度無料で翌年度以降も2,000円と格安なのでマイル初心者でも抵抗なく高還元率でためやすいカード。還元率1.5%。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

年会費初年度無料で翌年度以降も2,000円。

JALのスタンダードカードと同じようにマイルが貯まりますが、WAONやPASMOへのチャージでもJALマイルがたまります。

さらに東急グループでの利用では別途TOKYUポイントがたまり、マイルに交換が可能なお得なカード。JALマイルをためたい人には断然おすすめです。還元率1.5%。

マイルは航空券と交換するのが基本!

たまったマイルは航空券に交換が鉄則!

たまったマイルは商品や電子マネーと交換することも可能です。でもそうするとポイントの価値が下がってしまうのでマイルは航空券と交換するのがお得であり鉄則です!

飛行機に乗りたくない人はクレカのポイントプログラムで十分

そもそも飛行機に乗りたくない人はわざわざマイルをためるのに特化したクレカを持つ必要ありません。

マイルはあくまでもたまったマイルで飛行機に乗るというのが目的なのでそもそも飛行機に乗らない人であればポイントプログラムが充実しているクレカを持った方がお得になります。

まとめ

マイルをためてタダで飛行機に乗れるなら旅行の範囲も広がりそうですね。今回紹介したことを参考にお得にマイルがたまるクレカを利用してくださいね!