ビューカードでSuicaを使わないと損すること5つ

  • Suicaと定期券2枚持ちが面倒!1枚にできない?
  • Suicaの残高不足で改札が閉まって恥ずかしかった、オートチャージや残高確認ができたらいいな
  • Suicaって乗車してもポイント貯まらないから損じゃない?

通勤の際には会社から支給される定期券、プライベートではSuicaといった風に使い分けている人も多いはずです。

でも行先によって2枚以上を使い分けるのは面倒ですよね。

私も忙しい朝に定期区間内に間違えてICカードで改札に入ってしまいお金を無駄にしてしまったこともあります。

今回はSuicaと定期2枚持ちを卒業するためのおすすめの方法をご紹介します!

  1. ビューカードで得する5つのこと
  2. ビューカードの注意点
  3. おすすめのビューカード3選のご紹介!
  4. まとめ

ビューカードで得する5つのこと

普通のSuicaカードも便利ですが、Suicaも使えるクレカ「ビューカード」に切り替えると、使い勝手やお得度がケタ違いにアップすることをご存知でしょうか?

実は、Suicaはビューカードじゃないと実力の半分しか出せてないんです。ここでは、Suicaを最大限に活用できるビューカードのメリットをご紹介します。

1. Suicaと定期券を2枚持ちしなくても良い

通勤ルートは定期券を利用して、その他の区間はSuicaを使っている人も多いはず。カード2枚を使い分けるのって面倒で、出し入れも手間になりストレス。あげく、カードを間違えて損したら元も子もありません。

定期券がJRと私鉄をまたいでいる場合定期券だけで2枚持ち、さらにそれ以外の乗車はSuica利用など複数を使い分けるのは忙しい時間帯には特にストレスになります。

ビューカードは1枚でSuica、定期券機能どちらも兼ねているので2枚持ちしなくて良いメリットがあります。

2. オートチャージできるので残高不足で改札が閉まることがない

混雑している改札で残高不足で閉まってしまうとかなり恥ずかしいですよね。

うしろにたくさん人が並んでいるのに自分のせいで改札がストップしてしまうのは申し訳ない気持ちにもなります。

Suicaは便利ですが常に残高を把握していないと残高不足になる可能性がありストレスになっている場合もあります。

ビューカードはオートチャージ機能があるので、ビューカードでオートチャージを設定しておけば、Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時に自動的にチャージされるので安心です。

JR東日本のSuicaエリアだけでなく、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアでもオートチャージが可能。

その中でもSuicaにオートチャージできるのはビューカードだけなのでJRを利用される方には絶対におすすめです。

3. オートチャージのたびにポイントがたまる

Suicaに現金チャージした場合だと、提携店で買い物した場合はポイントが貯まりますが、乗車利用してもポイントは貯まらないですよね。

しかし、ビューカードのオートチャージ利用やJR東日本のみどりの窓口・券売機で定期券を買うとポイントが3倍もつきます。

1,000円の利用で6ポイント(15円相当)もたまるので普通にSuicaを使うよりも断然お得に利用できます。

4. 量販店やショッピングモールとの提携カードでさらにポイントがたまる

普通に電車に乗っているだけでは何の特典もないのが当たり前ですよね。

ビューカードはオートチャージ利用でポイントがたまる他、ビューカードと量販店やショッピングモールの提携カードを選択すると利用金額に応じたポイントがさらにたまります。

普段からよく利用するお店との提携カードを作って利用すれば乗車や買い物でポイントがたまりさらにお得です。

5. たまったポイントは電子マネーに交換できる

上記でためたポイントは電子マネーに交換することができます。

400ポイントごとに1,000円相当のSuicaに交換できるので、たまったポイントは乗車にも使えますし、駅の自動販売機で飲み物を買ったり、売店で利用したりすることもできます。

ビューカードの注意点

ここではビューカードを利用する際の注意点にも少し触れたいと思います。

定期券の有効期限に注意

定期券とSuica一体型カードの場合、注意してほしいのが定期券の有効期限を知っておくことです。

オートチャージを設定していると定期券の有効期限が切れていても自動的にチャージされるので電車に乗れてしまいます。

だから有効期限切れに気付かずに乗り続けてしまう場合があり、毎回乗車代を知らないうちに支払ってしまっていることになります。

しっかり定期券の有効期限を確認することが大切です。

紛失に注意

定期券とSuica一体型カードの場合、落としてしまうと不正利用される可能性があります。

もしも落としたりなくしたりした場合はすみやかにカードを停止することが必要になります。

ビューカード紛失・盗難デスクは24時間年中無休なので紛失に気付いた時点ですぐに電話をしましょう。

  • Suicaにオートチャージできるのはビューカードだけ
  • 定期券購入やチャージでポイントが3倍に
  • 1枚で定期券、Suica、クレジットカードの3役

おすすめのビューカード3選のご紹介!

定期券とSuicaが1枚に!「ビュー・スイカ」カード

定期券・Suica・クレジットカードが一体になっているカード。通勤の定期券とSuicaを2枚持ちしている人におすすめの1枚。

  • 年会費初年度無料、翌年度以降477円。
  • web明細にすると年会費以上のポイントが付与
  • 定期券、Suica、ショッピングが1枚で可能
  • 定期券購入、オートチャージでポイント3倍
  • たまったポイントはSuicaへ交換可能
「ビュー・スイカ」カード公式ページ

家電購入でお得!ビックカメラSuicaカード

ビックカメラ・コジマでクレカ決済しても現金支払いと同様の10%ポイント還元。さらにチャージしたSuicaで支払った場合何とポイント還元率11.5%と驚異の還元率!

  • 年会費初年度無料、翌年度以降477円。ただし、年1回クレジットカード機能を利用すれば、翌年度の年会費が無料
  • ビックカメラでのお買い物で最大11.5%のポイント付与
  • ビックポイントをSuicaに交換可能
  • オートチャージでポイント3倍(還元率1.5%)

飛行機も電車もこれ1枚!ANA VISA Suicaカード

ANAカードの特典や機能はそのままに、さらにSuicaユーザーが利用しやすいように機能を1つにした一体型カード。

  • 年会費初年度無料、翌年度以降2,000円
  • 飛行機、電車、ショッピングが1枚で可能
  • たまったポイントはSuicaへ交換可能(1ポイント=Suica5円相当)

まとめ

ビューカードがあれば定期券とSuicaの2枚持ちから解放されます。

1枚でJRだけでなく、私鉄や地下鉄の利用もできるので利便性の良い1枚です。

何気にストレスがたまっていた定期券とSuicaの併用を辞めることができれば、忙しい朝のストレスが軽減されスムーズなスタートが切れそうですね!